青年部コラム

トップ>青年部コラム>第21代幹事長、髙橋正広のご挨拶

2018/07/10

第21代幹事長、髙橋正広のご挨拶

御挨拶 東質青年部幹事長就任にあたって 

平生、東京質屋協同組合青年部へのご理解とご協力、誠にありがとうございます。

この度、平成29度総会におきまして東質青年部第21代幹事長を拝命いたしました、北多摩支部つるや質店、高橋正広と申します。システム会社に1年勤めた後に、GIAJapanにて半年間勉強し、2000年に現在の勤め先であるつるや質店へ入社。質屋業界は18年目、当青年部員としての歴は17年目という古株となります。

私は、質屋人の原点に鑑みて「見る/稼ぐ/遊ぶ」を三本の柱として育てていきます。前関根幹事長が作り上げた雰囲気を引き継ぎ、苦手や弱点へあえて向き合い、挑戦します。 一人一人が考え、発言し、聞き入れる。考えや情報は得るだけでなく発信も行い様々なことが身になる青年部を目指します。

私は市場へ出向くことが多く、全国様々な方とお会いする機会を得ております。そこには多くのリサイクルや海外の業者もおり、いろいろな生きた旬の情報を聞けることが非常に刺激となっております。

我々を取り巻く環境変化は年々加速度を増しており、厳しい状態にあります。昨年から質屋のM&A買収なども目立つようになってきました。この傾向は今後も増えていく可能性が濃厚です。この状況に立ち向かうためにも、生き残りのアイデアを青年部全員で結集、議論しそこへ旬の情報を吟味、精査した上で、それらを生かすことが出来れば必ずや端緒を開くことができると考えております。

気持ちの若さと体力はまだ余裕があります。これより諸先輩方々のご指導ご援助をたまわり、尽力する所存でございます。最後になりますが、今後とも東質青年部への変わらぬご理解とご協力をお願い申し上げまして、幹事長就任のご挨拶と代えさせて頂きます。

(北多摩支部/高橋正広)

今日の質草
質屋の目線